忍者ブログ
チェコ共和国原産の小型犬プラシュスキー・クリサジーク&トイマンチェスター・テリアとの暮らし。 時にヒーリングやホリスティックケアのお話しも。
<< 2017 / 11 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[ 154 ] [ 153 ] [ 152 ] [ 151 ] [ 150 ] [ 149 ] [ 148 ] [ 147 ] [ 146 ] [ 145 ] [ 144 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログランキン・ポチっとありがとうございます。 
↑ここクリックしてくださいませ<(_ _)>


ボニタツェ(繁殖検査)って・・・。

言葉はチェコ語ですが、
ヨーロッパでは通常、犬種ごとにクラブがあり、
血統管理をしています。
犬種のすべてを統括しているのはその国のケンネルクラブです。


クリサジークも、通称PKクラブと言われるクラブがあり、
クラブは、チェコのケンネルクラブに所属し、
血統書はチェコのケンネルクラブから発行されます。

FCIに犬種として認められる頭数に達するまで、
まだ時間がかかりそうなクリサジークにとって、
スタンダードを守り、健全な子孫を繁栄してゆくため、
繁殖検査はとても大切なことなんです。

繁殖のための審査員は、クリサジークの場合、
チェコ本国に3人、そして日本に1人(PKJ代表)。
※PKJはチェコのPKクラブの公式な日本支部です。

アジア圏のクリサジークが
チェコ本国のPKクラブに認められる繁殖を行おうと思えば、
日本でボニタツェを受けていただかねばなりません。

頭数の少ない極小犬ゆえ、
容姿や運動能力、性格etc
きちんと管理することが
犬種を守り、向上・繁栄させることに
つながるんですね。



2007年、末娘犬のボニタツェの様子。
体重を量りながら性格もチェック。
100430_2723.JPG























歯並びと歯の欠損チェック。
100430_2761.JPG

















チェコのPKクラブから贈られた特殊な計測器で
からだのあちこちを測ります。
(左にピラっと見えるのは公式な検査用紙)
100430_2762.JPG
















末娘は、歯に小さな問題がありましたが、一応合格。
但し、交配相手は歯に問題のないオス…と、条件がつきました。
ボニタツェに合格した犬の血統書には
クラブから合格マークが入れられます。

クラブでは、検査の結果を管理し、
交配時には、個体の長所と短所を配慮して繁殖家の相談に乗ってくれます。




珍しい犬/日本ブログ村ランキングに参加しています
↑ここクリックしてくださいませ。

PR
Send Comment
Name
Title
MailAdress
URL
Comment
Color
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
無題
そうやって、ベルタんもお母さんになってしまうの。
ベルタファンなんでフクザツですわ。
momoママ 2010/05/06 Thu 01:15 Edit
Re:momoママさん
>ベルタファン、ありがとうございます♪
ボニタツェには合格したものの、
飼い主の都合でママへの道が閉ざされたまま・・・
どうなるんでしょうか☆
マリチ 2010/05/06 Thu 18:36
1 Comment(s)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
マリチ
性別:
女性
カウンター
メールフォーム
マリチに直接メッセージが届きます。
ありがとうございました。
最新コメント
[01/10 momoママ]
[12/28 あとまみ]
[12/28 Yukali]
[12/27 かの]
[12/27 RIEKO]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]