忍者ブログ
チェコ共和国原産の小型犬プラシュスキー・クリサジーク&トイマンチェスター・テリアとの暮らし。 時にヒーリングやホリスティックケアのお話しも。
<< 2017 / 11 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[ 136 ] [ 135 ] [ 134 ] [ 133 ] [ 132 ] [ 131 ] [ 130 ] [ 129 ] [ 128 ] [ 127 ] [ 126 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログランキン・ポチっとありがとうございます。 
↑ここクリックしてくださいませ<(_ _)>



調べ物ついでに、検索の寄り道で
自分の古い日記の一文を見つけました。

「天使のクリサジーク」つうタイトル。
そこには、私が大切に思っている最初の物語、つまり、
クリサジークが日本に来たのは、
チェコで行われた「平和のためのアートボランティア活動」に、
PKJ代表・Yさんの実父で彫刻家のM先生が尽力なさったから、と
いうお話しが綴ってありました。

運動の中心人物だった画家夫妻(チェコ人)と
犬談義で意気投合したM先生に贈られたのがクリサジーク。
そこには「大切なクリサジークを世界で愛される犬に」という
チェコの方々の願いが託されていました。

クリサジークは当時からボニタツェ(繁殖検査)を行い、
生まれた犬は個体番号で管理し、
会報での情報公開や日常生活の注意を呼びかけていましたから、
よほど信頼していたとしても、
外国へ出すのは勇気がいったでしょう。

平和活動を共にした芸術家同士である、
という絶大なる信頼の元、
クリサジークは来日しました。

私が「平和の使者・天使のクリサジーク」と
騒ぎ立てるに値する、素敵な物語を携えて
彼らは日本にやって来たんです♪


チェコの公式な犬種クラブである、
クリサジーク・クラブの規定では、今も審査員が繁殖検査を行い、
合格した犬だけが繁殖できる決まりです。
そして、交配相手も犬の長所と欠点を加味し、
同じ犬種だからと勝手に交配することは出来ません。

日本で、クリサジーク・クラブの犬達が繁殖できるのは、
PKJ代表が、ボニタツェ審査員・繁殖相談員の資格を
有しているからです。

クリサジークの魅力は、外見や性格に留まらず、
一連の美しい物語にある…ことを私は大切に考えています。


100111_0193.JPG





















「私も物語持ってまちゅか?」

「もちろん。PKJのクリサジークは全員そうよ」


珍しい犬/日本ブログ村ランキングに参加しています

↑ここクリックしてくださいませ。



PR
Send Comment
Name
Title
MailAdress
URL
Comment
Color
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
0 Comment(s)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
マリチ
性別:
女性
カウンター
メールフォーム
マリチに直接メッセージが届きます。
ありがとうございました。
最新コメント
[01/10 momoママ]
[12/28 あとまみ]
[12/28 Yukali]
[12/27 かの]
[12/27 RIEKO]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]