忍者ブログ
チェコ共和国原産の小型犬プラシュスキー・クリサジーク&トイマンチェスター・テリアとの暮らし。 時にヒーリングやホリスティックケアのお話しも。
<< 2019 / 07 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログランキングに参加してます♪

是非ポチっとお願い致します ←ここクリックしてくださいませ<(_ _)> 

 

 

 

ランキングに参加してから

新しくブログをご覧下さる方々、ポチっとして下さる方々、

本当にどうもありがとうございます。

 

プラシュスキー・クリサジークは、

チェコ共和国の国犬の1つです。

(どうやら国犬種は、6種類くらいいるよう)

 

チェコには、クリサジークの本も出ていますが、

実は、原産国のチェコでも稀少な犬種なんです。
091013_8655.JPG













貴族の抱き犬だったクリサジークは貴族文化の衰退とともに、
絶滅の途をたどったため、繁殖に厳しいルールを設け、国際的にグループを作り、

しっかりブリーディングしています。

 

クリサジーククラブ日本支部であるPKJは、グループの1つとして

チェコ本部と相談しながら犬達を大切に育てていますヨ。
 

 

今日、誕生日のマリチにお祝いポチっをお願いちまちゅ☆
091011_8629.JPG

 















珍しい犬/日本ブログ村ランキングに参加しています

↑ここクリックしてくださいませ。


PR
 ご報告がとても遅くなってしまいましたが、
9月12日13日の土・日は、年に一度のクリサジーク親睦会。
「PKJ(プラシュスキークリサジーク・クラブ・オブ・ジャパン)」のクリサジーク達と
飼い主さんファミリーの集いです。

親犬と子犬達の再会や、兄弟犬との再会、飼い主同士の尽きないおしゃべり。

我が家も、長女犬の長男・空君に会えて、
とーってもうれしかったです。
長女犬と空君とで母子写真を撮りたかったのに、忘れたぁ☆

が、しあわせな二日間、皆様ありがとうございました!


一宮SA。
090912_8337.JPG


















マリチの朝ご飯待ち。


岐阜県高山市のわんわんパラダイス。
パディ(夫)から離れられない人見知り犬見知りの末娘犬。

090912_8352.JPG






















マズルの長いところが似ています。
左:ジジちゃん、右:長女犬
090912_8355.JPG



















可愛いお洋服をいっぱい持ってる美人のラスカちゃん

090912_8359.JPG
























美男(犬)・美女(犬)が集う中、
この日一番モテたのは、かのさん手作りのレバー&軟骨!

090912_8361.JPG















かのさんご自身は体調不良のため、ホテルのお部屋に。
(←その後、救急車運搬&ご入院…そんなたいへんなこととはつゆ知らず、汗)


役員会や繁殖勉強会を経て、夜は宴会☆
副幹事なのに飲み過ぎ、
翌朝、しびれとムカムカとクラクラでベッドから起き上がれず、
最後のご挨拶の場にも参加できず、すべての予定をキャンセルさせていただいて
ベッドに伏せっておりました。


ら、奇跡的に復活!
皆様のいらっしゃるコスモス園にGO
090913_8375.JPG
















人間とクリサジークはこれ位、大きさに差があります。

コスモス綺麗でした♪
090913_8383.JPG

















ランチはドイツ料理。
美味ちそうでちゅ、と、カートから乗り出す次男犬(左)と末娘犬(右)
090913_8395.JPG



















ランチはこんな綺麗なところでした。
090913_8397.JPG















パディ(夫)と長女犬(左)、長男犬@トイマン、後ろ姿は次男犬。


来年は、模範的な会員となるべく精進致します!
寛大な幹事ファミリー&ご一緒して下さった皆さん、
どうもありがとうございました。


 辰巳出版というところから

『日本と世界の愛犬図鑑20○○』という

ムックが出ています。

 

一番新しい「愛犬図鑑2010」を本屋で立ち読み。

クリサジークのページを見ると、

昨年の2009版より進化していたので、購入☆

 

昨年はこんなでした。
090801_8129.JPG













※歪みは写真の取り方が悪かったからです。


ずいぶん昔のペットライフ社から出た図鑑と

同じ犬種名。

 

 

今回は、ジャーン!
090801_8130.JPG

 

 
















かなり進化していました。
しかも、半ページから1ページ扱いに昇格♪
(愛犬図鑑さん、ありがとうございます)

来年は、プラシュスキー・クリサジークになってるかも^^

 

 

 「グリムス」には謝ってばかりです。

なのに、昨日は「こどもの日」で鯉のぼりが泳いでいました、感謝☆

 

<はじめての物語>をお話ししたくて、

クリサジークとの初めての出会いの頃を綴っています。

 

岐阜県のクリサジークのお里には当時、

10頭に満たないクリサジークと、

クリサジークの何倍も大きなラブラドールが1頭いました。

 

交配できる男の子は1頭。

 

なので、最初の頃に

日本(岐阜のお里)で生まれたクリサジークは

全員「異母兄弟」です。

 

最初の子は、2001年5月15日に生まれた3兄弟。

男の子2人と女の子1人でした。

私が見学にいったお盆過ぎには、女の子はすでに

新しい飼い主さんの元へ旅立ち、

男の子2頭が、成犬達と楽しそうに走っていました。

「グリムス」には謝ってばかりです。

またまたすいません〜☆

 

 

2001年の夏、初めてクリサジークのお里で

「プラシュスキー・クリサジーク」について

あれこれお聞きした時のことを綴っています。

 

<はじめての物語>をお話ししたいがばかりに・・・

 

もうすぐそこまで届きそうです。

<はじめての物語>をお話しできたら

一旦、日常生活に戻ってきますね。

 

Yさんが父上のクリサジークと出会い、

ご主人のお仕事の都合でチェコに滞在し、

ご自身のクリサジークと暮らすまでに

1年位かかったそうです。

 

そうです。

クリサジークはチェコでも珍しい犬でした。

←国犬なのに。

※チェコの国犬って6犬種(たぶん)います。

 

超小柄で一回の出産での頭数も

1〜3頭と少なく、

出産に関する規定が多々あるため、

急に増えるってことはまずないんですね。

 

PS.昨日はオティルカ7歳のお誕生日でした♪

 
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
マリチ
性別:
女性
カウンター
メールフォーム
マリチに直接メッセージが届きます。
ありがとうございました。
最新コメント
[01/10 momoママ]
[12/28 あとまみ]
[12/28 Yukali]
[12/27 かの]
[12/27 RIEKO]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]